仕事にはストレスが付き物|心が溢れそうになったら

医師たち

心身両方を治療できる

マスク

埼玉県の南部にある浦和。サッカーが非常に盛り上がりをみせている有名な街です。そんな浦和にも心療内科があります。ストレスからくる心身両方の治療ができる専門の病院です。大人だけでなく子供の治療もできます。

詳細

充実した子育てに

聴診器とカルテ

育児ストレスは非常にわかりにくい症状でひとによっては全く表面に出さないタイプもいますから周囲の人がちょっとした変化に気がついてあげる事が大事です。ストレスをためないためにも親や夫に手伝ってもらったり病院で的確なアドバイスや薬を処方してもらう事が大事です。

詳細

心を診るクリニック

看護師

カウンセラーは聞き役に徹しますが、カウンセリングを受けることによって相談する側は様々な変化に気付くことができます。ストレスなどから引き起こる様々なメンタルヘルスを解決するにも、カウンセリングは毎回必要で、横浜エリアにも携わるクリニック数は増えています。

詳細

職場での不調と対処法

女性

産業医に相談すること

仕事でストレスが溜まると、精神的な負担となり体や心に様々な症状が出ることがあります。仕事によるストレスで多い症状は、動悸や震え、頭痛、不眠、焦燥感や憂鬱、イライラなど様々な症状があります。仕事では少なからずストレスを抱えるものなので、多くの人は気にせずに仕事を続けますが限界を超えると精神病を発症することがあります。そのため、ストレスを感じたら早い段階で病院を受診する必要があります。多くの企業では、産業医が居るのでまずは産業医に相談すると良いでしょう。産業医が適切な病院の紹介や休職するにあたってのアドバイスをしてくれることがあるからです。アドバイスを参考にして、十分な治療が受けられるようにすることが大事です。

症状の辛さを丁寧に伝える

精神病院では、医師の診断の下仕事を続けながら様子を見るかすぐにでも休職するべきかが決まります。もうこれ以上会社に行くことが出来ないくらいに辛い症状がある場合は、そのことをしっかりと医師に伝える必要があります。通常は、初診で医師の診断書がもらえることは少ないですが症状が重い場合には医師の診断書がすぐにもらえることがあります。診断書が手に入れば、会社側に精神病であることを証明し休職することが可能になります。休職を考えている場合は、特に医師にどんな症状があって日常に支障をきたしているのかを丁寧に説明します。また、同様に産業医にも同じ内容の説明をしっかりとしておくと休職もスムーズにできるようになります。