充実した子育てに|仕事にはストレスが付き物|心が溢れそうになったら

仕事にはストレスが付き物|心が溢れそうになったら

ナース

充実した子育てに

聴診器とカルテ

周囲にはわからない

育児におけるストレスは本人が理解出来ていない場合もあり、周囲からわからない事もあるのが大きな特徴なので、ちょっとした変化でも周囲の人が気づいてあげる事が大事です。また性格によって育児ストレスを感じやすいタイプの人がいて、弱みを見せない頑張り屋がなりやすいのも大きな特徴です。少し普段よりも食事の量が変わってきていたり、家に閉じこもっているような場合は心療内科や精神科などで診察してもらうといいです。育児には24時間休みがないので、仕事のように休憩や休暇を取る事も難しくどこでリラックスしていいかわかりません。育児ストレスは肉体面も大変なのですが、精神的にまいってしまう部分があり、そこは親や夫や友人などの支えが必要で、よりどころになるのが心療内科などです。

上手にあまえる

1人でなんでもやろうとすると精神的にパンクしてしまって病気になってしまう可能性がありますから、味方をつくる事が重要です。ストレスを発散させる事が出来る自由な時間をつくる事が出来れば、かなり気分をリラックスさせることが出来ます。生まれたばかりの時は実家に帰って親に助けてもらうようにしたり、夫に育児休暇を取ってもらうようにするなど工夫をする事が大事です。病院では普段の生活とどういった点が変わってきているのかチェックしてくれて、薬や生活に関するアドバイスをくれます。またちょっとした自由時間をつくるために保育所のような所に預けて自由時間をつくるのもいい方法で、あまり頑張りすぎないようにする事も大事です。